PR

目黒川桜並木のアクセスやライトアップは?混雑状況や駐車場も紹介!

記事内に広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目黒川桜並木アクセスライトアップについてご紹介します!

目黒川は都内でも有数のお花見スポットで、川沿いにはびっしりと桜が植えられています。

桜並木をゆったりと歩きながら散策することで、日本の春をしっかりと感じられ、とても風流な気分に浸れます。

満開のタイミングはもちろんですが、少し散ってしまった桜の花びらが川に流れる様子も素敵です。

目黒川桜並木はたくさんの人が訪れる人気のお花見スポットなので、気になるのがアクセス方法やライトアップについてですよね。

この記事では、目黒川桜並木アクセスライトアップについて調査しました。

混雑状況駐車場についても紹介していきます。

目黒川桜並木周辺ホテルはこちらから予約できます!

☞ 楽天トラベル「たびノート」で宿泊先を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

目黒川桜並木のアクセス方法

目黒川桜並木のアクセス方法を紹介します。

目黒川と各駅の位置関係は、こちらの地図をご覧いただけます。

  • 住所
    • 〒153-0061 東京都目黒区中目黒2丁目
  • アクセス方法
    • 電車
      • 上流の池尻大橋駅からは徒歩3分
      • 中流の中目黒駅からは徒歩1分
      • 下流の目黒駅からは徒歩5分

東京都内でも屈指のお花見スポットとして知られる目黒川桜並木は、世田谷区の池尻大橋から目黒区の太鼓橋までの約3.8kmに広がっています。

桜並木へのアクセス方法は、最寄り駅によって異なりますが、徒歩1~5分なのでアクセス良好ですね♪

スポンサーリンク

目黒川桜並木のライトアップ

目黒川桜並木のライトアップについて紹介します。

  • 毎年3月下旬から4月上旬にかけて約2週間、夜桜のライトアップが楽しめる
    • 2023年3月18日(金)~4月9日(日)
  • ライトアップは日没17:00~21:00まで
  • ライトアップが行われる区間は、目黒川にかかる南部橋から皀樹橋 (さいかちばし)までの約1キロメートル

目黒川の桜並木は、夜になるとライトアップされ、昼間とは異なる幻想的な夜桜の風景が広がります。

今年は、ぼんぼりが点灯し、ライトアップも再開されるため、久しぶりのお花見を心ゆくまで満喫することができますね♪

この美しい光景は、訪れる人々を魅了し、心に残る思い出となるでしょう。

ぜひ、夜桜を楽しむために目黒川を訪れてみてください!

スポンサーリンク

目黒川桜並木の混雑状況は?

目黒川桜並木は毎年たくさんの人が訪れる人気のお花見スポットです。

そのため、イベント開催中はかなり混雑します。

  • 目黒川の桜並木は、3月下旬から4月上旬にかけて混雑します
  • 土日祝日は特に混雑が激しいです
  • 時間帯では、10:00~16:00が混雑のピークになります
  • 2023年は4年ぶりに「目黒川桜まつり」が開催されるため、4月上旬も混雑が予想されます

目黒川桜並木は混雑しやすいので、行かれる際には時間に余裕を持って行ってくださいね。

スポンサーリンク

目黒川桜並木の混雑回避方法

目黒川桜並木の混雑を少しでも回避するためにはどうしたらいいのか紹介します!

  • 平日に訪れる
  • 混雑がピークになる10:00~16:00を避ける
  • 2023年は4年ぶりに「目黒川桜まつり」が開催されるため、4月上旬も混雑が予想されるので、その期間を避ける

以上のことを狙って行くと、混雑をあまり気にすることなく目黒川桜並木のお花見を楽しむことができそうです♪

スポンサーリンク

目黒川桜並木の駐車場

目黒川桜並木の駐車場を紹介します。

  • 目黒川桜まつり」会場周辺
    • 駐車場なし
  • 少し離れた大崎駅周辺の駐車場がおすすめ!

目黒川桜並木は、東京都内でも有数の桜の名所です。

しかし、その人気ゆえに、近隣には大きな駐車場が少なく、道路も狭いため、車でのアクセスは難しいです。

さらに、駐車料金も高く設定されています。

そのため、目黒川から少し離れた場所に車を停めることがおすすめです。

ゲートシティ大崎 駐車場

  • 住所
    • 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目11−1
  • 利用時間
    • 7:00〜24:00
  • 高さ制限
    • 2.1m
  • 料金
    • 平日8:00〜17:00 30分 250円
    • 上記以外の時間 1時間 250円
    • 土日祝 終日 1時間 250円
  • 収容台数
    • 239台

大崎ブライトタワー駐車場

  • 住所
    • 〒141-0001 東京都品川区北品川5丁目6−1
  • 利用時間
    • 7:00~23:30
  • 車両制限
    • 高さ2.05m
    • 長さ5.3m
    • 幅1.95m
    • 重量2.3t
  • 料金
    • 全日
      • 7:00-23:30 30分/250円
      • 23:30-07:00 60分/100円
    • 最大料金
      • 7:00~23:30以内 1,800円
      • 23:30~7:00以内 500円
  • 収容台数
    • 139台

タイムズ大崎センタービル

  • 住所
    • 〒141-0032 東京都品川区大崎1丁目5
  • 利用時間
    • 7:00~23:00
  • 車両制限
    • 全長5m
    • 全幅1.9m
    • 全高1.55m
    • 重量2.3t
  • 料金
    • 全日
      • 7:00~23:00 20分/220円
      • 23:00~07:00 20分/220円
    • 最大料金
      • 駐車後24時間 1,320円
  • 収容台数
    • 68台

駐車場を少しでも安く利用したい場合は、軒先パーキングが便利ですよ。

軒先パーキングでは、コインパーキングよりも安い駐車場が見つかります。

さらに、スマートフォンから事前に駐車場の予約ができるため、当日の移動がスムーズになります!

スポンサーリンク

目黒川桜並木で待ち合わせをする時の注意ポイント!

最寄り駅である中目黒駅へのアクセスは、東急東横線か日比谷線が活用できます。

主要駅である渋谷駅や六本木駅から直通で近く、電車のダイヤも多いので、駅が大混雑することは少ないです。

もちろん、普段よりは多くの人が訪れますが、川沿いも含めて、人が多過ぎて身動きが取れない、いうことはないです。

ただ、注意点として、現地の中目黒駅で待ち合わせをする場合は、人が多く分かりにくいかもしれません。

携帯で連絡など可能でしょうが、特に初対面の方との待ち合わせは控えるか、駅から少し歩いたお店などの入り口を目印にするのが良いかと思います。

スポンサーリンク

目黒川桜並木の見どころ!

目黒川桜並木は圧巻でとても素晴らしいです!

目黒川沿いの桜並木は都内のお花見の名所のひとつで、約4kmにわたり桜並木が広がる人気スポットです。

大橋から下目黒にかけて、春には桜が咲き乱れ、大勢の花見客でにぎわいます。

春の目黒川は、目黒川沿いに淡いピンクのソメイヨシノが咲き誇り、毎年多くの人でホント賑わっていますよ。

どこでお花見しようか迷っている方には是非おすすめします。

屋台を楽しむも良し、ぼんぼりのライトアップを楽しむもお勧め!!

幻想的な目黒川を夜散策してみて下さい!

目黒川の桜並木は上流から下流にかけての約3.8kmにおよび、約800本のソメイヨシノがピンクのベールで取り囲みます。

スポンサーリンク

目黒川桜並木のおすすめグルメ

桜を見に行く時間として、昼間の満開の桜を食べ歩きしながら愉しむのももちろん良いですが、やや散りゆく夜桜をいくつかの橋から眺めるのもとても良いです。

道があまり広くない川沿いを歩いて行くので、大人の少人数グループやカップルが多いように思います。

桜の季節である3月下旬や4月上旬は、川沿いに屋台が立ち並び、ワンコインなどでロゼシャンパーニュや軽食を愉しむこともできるので、おすすめです。

また、最寄り駅の中目黒周辺は、隠れ家的なおしゃれで美味しいお店も多いので、予約してから行くのも良いと思います。

お店によっては、レストランや料亭の座席から直接目黒川沿いの桜が見えるところもあり、この季節はとても人気で、予約はかなり前からしておく必要があると聞いたことがあります。

近くには、有名な『味一』があって、芸能人様も御用達で特にチャーハンが人気らしいです。

タンメンもスッゴク美味しいのでお勧めです。

行人坂も近いので、行人坂にはホント美味しいお店の宝庫ですよ。

中華・イタリアン・焼き鳥・ラーメン・インド料理等さまざまな食も楽しめます。

中目黒の駅も近いので、駅の高架下で美味しい食を楽しんでも◎です。

中目黒でカフェと言えば、ぜひ目黒川沿いの桜を見ながらお散歩デートを楽しめる、築45年の元倉庫兼事務所を改修してげきたオシャレな複合施設「THE WORKS(ザ・ワークス)」の1階にあるコーヒースタンド「The Workers coffee(ザ ワーカーズ コーヒー)」です。

目黒川沿いにあるおしゃれなカフェで、目黒川に向かって作られたカウンターからは、満開に咲き誇る桜の景色を堪能できます。

店内でコーヒーを楽しむのも、テイクアウトをしてコーヒー片手にお散歩するのもおすすめですよ。

雰囲気もお料理も満点でした!

席数が多く、カウンターもあるのでグループの方も一人利用の方も入りやすい雰囲気でした。

割と広めなのでとなりの席との間隔が広いのが好きです。

中目黒でランチと言えばお勧めのレストランがあります。

カフェのような、カジュアルレストランランのようなお洒落な佇まいです。

中目黒エリアに到着したら是非、目黒川沿いでランチはいかがですか?

ぜひ中目黒でランチをして下さい。

お花見をしながらランチをしたい方には「Huit (ユイット)」がおすすめです。

こちらは、目黒川沿いに佇む、イタリア・フレンチ料理を楽しめる人気カフェです。

お店の窓辺からは桜を楽しめるということで、春には特に人気のレストランなんです。

1,200円ほどでいただけるパンとサラダ付きのパスタセットや、1,400円ほどでいただけるパンとサラダ付きの日替わりプレートなど、リーズナブルな価格でお得にランチを楽しむことができます。

アットホームでカジュアルな雰囲気なので居心地抜群のカフェです。

勿論、雰囲気も店内もお洒落でお料理も美味しく、ホントお洒落です。

中目黒周辺でのランチを楽しんだ後は、まだまだ続く目黒川に沿って目黒駅方面へとお散歩を楽しんで下さい。

中目黒エリアとは違い、目黒駅の方は下流なので、川幅が広くなるので、桜と都会の街並みを同時に楽しむことができますよ!

目黒駅近くのスポットと言えば、やはり目黒川沿いにある「ホテル雅叙園東京」ですね。

「ホテル雅叙園東京」とは、東京都目黒区にある、結婚式場・ホテル・レストランなどの複合施設であり、”日本”の趣深い雰囲気が美しい建物で、外国人にも大人気スポットです。

木造(旧館)の目黒雅叙園は太宰治の小説『佳日』にも登場するんだとか。

絢爛な装飾が特徴の園内は「昭和の竜宮城」とも呼ばれていて、園内唯一の木造建築「百段階段」とその階段沿いに作られた7つの座敷棟宴会場の内の4つは、2009年に東京都指定の登録有形文化財に登録されたそうです。

ぜひ訪れてみてくださいね。

目黒川桜並木周辺ホテルはこちらから予約できます!

☞ 楽天トラベル「たびノート」で宿泊先を見てみる

スポンサーリンク

目黒川桜並木の写真に収めたい美しいお花見スポット!

また、目黒川沿いの桜並木は、写真に撮っても美しいスポットが多いので、一眼レフでの撮影や、インスタ映えする写真を狙うにも良いと思います。

桜が散っていく季節などは、Tiktokなどのショート動画の撮影にも向いていると思います。

ただ、人が多くなりがちなので、ゆっくり撮影されたい方は、平日のお昼などが良いのかもしれません。

スポンサーリンク

目黒川桜並木のおすすめの楽しみ方!

お花見の方法については、川沿いの道はそれほど広いわけではないので、座って愉しむにはあまり向きません。

近隣の住人の方などと思われる方で、シートやゴザに座ってお酒や食事を楽しんでいる人もそれなりにいますが、遠方から電車で行く場合は、あくまで散策を目的にするか、少し散策した後に飲食店等に行くなどが良いです。

飲食店に行かれる場合は、事前に予約するのが望ましいと思います。

また、お子様連れの方が行くには少し混雑しているかと思います。

また、この時期の中目黒駅周辺の飲食店は混雑しがちなので、食事は電車やタクシーを使って、別の場所に移動するのも良いと思います。

スポンサーリンク

まとめ

目黒川桜並木のアクセスやライトアップ、混雑状況や駐車場について紹介しました。

口コミを調べてみたところ、目黒川桜並木はかなり混雑しやすいことが分かりました。

特に

  • 目黒川の桜並木は、3月下旬から4月上旬にかけて混雑します
  • 土日祝日は特に混雑が激しいです
  • 時間帯では、10:00~16:00が混雑のピークになります
  • 2023年は4年ぶりに「目黒川桜まつり」が開催されるため、4月上旬も混雑が予想されます

は混雑しやすいので、この時期に行かれる場合は時間に余裕を持って行った方が良さそうです。

混雑を避けたいなら

  • 平日に訪れる
  • 混雑がピークになる10:00~16:00を避ける
  • 2023年は4年ぶりに「目黒川桜まつり」が開催されるため、4月上旬も混雑が予想されるので、その期間を避ける

がおすすめです!

目黒川桜並木周辺ホテルはこちらから予約できます!

☞ 楽天トラベル「たびノート」で宿泊先を見てみる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お花見季節のイベント
スポンサーリンク
k-noteをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました