PR

列車見張り員の仕事はきつい?仕事の魅力とメリット、実際の働き手の声も!

記事内に広告が含まれています。

列車見張り員と聞くと、きつい仕事だと思われる方も多いのではないでしょうか?

実際、列車見張り員の仕事は、危険と緊張の連続で、身体的にも精神的にも負担が大きいものです。

しかし、その一方で、列車見張り員の仕事には、意外な魅力やメリットもあります。

人間関係のストレスが少ない、時給や日給が高い、資格やキャリアパスが豊富など、列車見張り員の仕事の魅力は、思っている以上に多いのです。

この記事では、列車見張り員の仕事の厳しさと魅力を、実際の働き手の声や仕事の流れを交えて、詳しく解説します。

列車見張り員の仕事に興味がある方は、ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

列車見張り員の仕事概要

1-1. 列車見張り員の基本的な役割とは?

列車見張り員という職業は、多くの人にとってあまり馴染みがないかもしれませんが、鉄道の安全を守る非常に重要な役割を担っています。

具体的には、線路工事やメンテナンスが行われる際に、作業員の安全を確保し、列車の運行に影響が出ないように監視するのが主な仕事です。

彼らは、列車の接近を知らせ、必要に応じて作業を中断させることで、作業員と列車の安全を確保します。

この仕事は、単に線路の近くで立っているだけではなく、列車の運行スケジュールを正確に把握し、緊急時には迅速に対応する必要があります。

例えば、工事区間内で火災や土砂崩れが発生した場合、列車見張り員は作業員や運転手に速やかに危険を知らせる責任があります。

このように、彼らの役割は鉄道の安全運行において不可欠なものなのです。

1-2. バイトとしての列車見張り員の可能性

列車見張り員の仕事は、アルバイトとしても行うことが可能です。

特に、夜間のシフトが多いため、日中の仕事と並行して副業として従事する人も少なくありません。

夜間の勤務は、終電から始発までの時間帯が主で、例えば終電が1時で始発が5時の場合、実質的な労働時間は4時間程度となりますが、深夜勤務であるため時給は割増されます。

実際に働いた方の口コミによると、夜間の勤務は5~6時間の拘束で、夜間手当や危険手当が加算され、日給としては約1万円程度が一般的です。

このように、比較的短時間で効率的に稼ぐことができるため、副業としても魅力的な選択肢と言えるでしょう。

また、この仕事は特別な資格が必要となりますが、資格取得のプロセスは比較的シンプルです。

応募条件としては、基本的な身体的健康と視力、聴覚の正常性が求められます。

資格取得後は、列車見張り員の他にも、重機誘導員や旅客誘導員、踏切監視員など、さまざまな鉄道関連の職種で活躍する道が開かれます。

これらの職種は、鉄道が好きな方や、警備や誘導の仕事に興味がある方にとって、キャリアアップの機会となるでしょう。

スポンサーリンク

仕事の厳しさとその理由

2-1. なぜ列車見張り員の仕事はきついのか

列車見張り員の仕事がきついとされる主な理由は、その責任の重さと精神的なプレッシャーにあります。

彼らは、線路工事やメンテナンスが行われる際に、作業員の安全を確保し、列車の運行に影響が出ないように監視する役割を担っています。

この仕事は、単に線路の近くで立っているだけではなく、列車の運行スケジュールを正確に把握し、緊急時には迅速に対応する必要があります。

例えば、夜間のシフトでは、貨物列車が通過する可能性があり、その運行ダイヤをきちんと把握しておく必要があります。

また、勤務中はトイレに行くことも制限されることが多く、長時間の立ち仕事に加えて、トイレを我慢しなければならないこともあります。

これらの条件は、身体的にも精神的にも大きな負担となり得ます。

2-2. 危険と緊張の連続:列車見張り員の日常

列車見張り員の日常は、危険と緊張の連続です。

彼らは、作業員の安全を確保するために、常に高い集中力を保ち、線路上の状況を注意深く監視しなければなりません。

例えば、工事区間内で火災や土砂崩れなどが起こった場合、列車見張り員は作業員や運転手に速やかに危険を知らせる責任があります。

また、列車の接近を知らせる際には、拡声器や旗を使って合図を送りますが、これには正確さが求められます。

黄色の旗は「進め」を、赤は「止まれ」を意味し、間違った合図を送ることは許されません。

このように、列車見張り員は、日々、重大な責任を背負いながら、線路の安全を守るために勤務しているのです。

スポンサーリンク

仕事の魅力とメリット

3-1. 意外なメリット:人間関係のストレスが少ない

列車見張り員の仕事は、他の多くの職種と比較して、人間関係に起因するストレスが比較的少ないという大きなメリットがあります。

この職業は、他人との直接的な関わりが少なく、独立して作業を行うことが多いためです。

多くの職場では人間関係がストレスの主な原因となり得ますが、列車見張り員の場合、そのような問題に直面する機会はほとんどありません。

作業中は、主に列車の接近を作業員に知らせるための旗の合図や無線通信を使用します。

これにより、コミュニケーションは必要最低限に抑えられ、仕事に集中することができます。

このように、人間関係によるストレスから解放されることは、精神的な健康を保つ上で大きな利点と言えるでしょう。

3-2. 経済的報酬:時給と日給の実態

列車見張り員の経済的な報酬については、特に夜間のシフトが注目されます。

夜間の勤務は、終電から始発までの時間帯が主で、実質的な労働時間は4時間程度ですが、深夜勤務であるため時給は割増されます。

具体的には、夜間手当や危険手当を含めると、日給として約1万円程度が一般的です。

また、列車見張り員の仕事は、時給ではなく日給で給料が支給されることが多いです。

警備会社によって異なりますが、日勤は日給8,000円から1万3,000円、夜勤は日給1万円から1万5,000円が平均的な相場となっています。

シフトは8時間勤務ですが、実際には4時間程度で終わることも多く、時給換算すると1,000円から1,800円になります。

このように、列車見張り員の仕事は、短時間で効率的に稼ぐことが可能であり、特に夜間のシフトは経済的に魅力的です。

ただし、この仕事は神経を使うため、安全を最優先に考えながら働くことが重要です。

スポンサーリンク

実際の働き手の声

4-1. 現役列車見張り員のリアルな体験談

列車見張り員として働く現役の従業員からの体験談は、この仕事の実態を理解する上で非常に貴重です。

ある男性従業員は、夜間のシフトについて

「終電から始発までの作業で、実質的な労働時間は約4時間ですが、線路を閉鎖して行うため、客車や貨物車は来ません。作業車両の監視のみで、5~6時間の拘束で夜間手当や危険手当が出て、日給は約1万円です。比較的楽な仕事で、経済的にもお得だと感じています」

と述べています。

このような体験談からは、列車見張り員の仕事が、一見単調に見えるかもしれませんが、実際には責任感と注意力を要する仕事であることが伺えます。

また、夜間のシフトであれば、短時間で比較的高い報酬を得ることが可能であることも明らかになります。

4-2. 仕事の日常:シフトと勤務時間

列車見張り員の日常のシフトと勤務時間は、主に夜間に集中しています。

多くの場合、シフトは終電から始発までの時間帯に設定されており、実際の勤務時間は4時間程度ですが、深夜勤務のため時給は割増されます。

日勤のシフトも存在し、その場合の勤務時間は一般的に8:30から17:30までです。

勤務中は、列車のダイヤを把握し、作業現場の両側や線路脇にスタンバイして、運行ダイヤや運行管理部からの連絡を確認します。

列車の到着が近づくと、トランシーバーを使用して作業員に連絡し、列車が通過する際は旗を使って運転手に作業員の退避が完了したことを知らせます。

このように、列車見張り員の仕事は、緊張感を持ち続ける必要がある一方で、シフトの柔軟性や経済的な報酬の面で魅力を持っています。

スポンサーリンク

資格とキャリアパス

5-1. 列車見張り員になるための資格とその取得方法

列車見張り員になるためには、特定の資格が必要です。

この資格は、民間資格であり、講習会を受講し合格することで取得できます。

応募条件としては、基本的な身体的健康と視力(裸眼0.8、矯正1.0以上)、色盲色弱でないこと、聴覚の正常性が求められます。

資格取得のプロセスは、まず警備会社に応募し、その後2日間の講習に参加することから始まります。

講習では、列車のダイヤの見方や無線の使い方など、業務に必要な知識やスキルを学びます。

講習の終了後には、簡単な実技テストと適性テストが行われ、これに合格すると資格が授与されます。

合格率は9割以上と高く、比較的取得しやすい資格と言えます。

5-2. 資格取得後のキャリア展望

列車見張り員の資格を取得すると、そのキャリアパスは大きく広がります。

この資格を持っていると、列車見張り員の他にも、重機誘導員、旅客誘導員、踏切監視員など、さまざまな鉄道関連の業務を行うことが可能になります。

これらの職種は、鉄道が好きな方や、警備や誘導の仕事に興味がある方にとって、新たなキャリアの道を開くことでしょう。

また、この資格は社会的な評価も高く、資格手当が支給される会社もあります。

資格を取得することで、仕事の幅が広がるだけでなく、経済的な報酬も向上する可能性があります。

資格は合格後も一年毎に講習会に参加して更新する必要があり、人の命を預かる仕事であるため、能力を保持することが厳しく管理されています。

これらの要素を考慮すると、列車見張り員としてのキャリアは、長期的な視点で見ても非常に有望な選択肢と言えるでしょう。

スポンサーリンク

仕事の具体的な流れと注意点

6-1. 一日のシフトの流れと作業内容

列車見張り員の一日は、主に夜間のシフトに集中しています。

夜間の勤務は、通常、終電から始発までの時間帯に設定され、実質的な労働時間は4時間程度です。

この時間帯は、線路の閉鎖が可能であり、客車や貨物車の通過がないため、作業は比較的安全に行われます。

勤務開始時には、まず列車のダイヤを確認し、作業現場の両側や線路脇に位置を取ります。

列車の接近に備え、トランシーバーを使用して作業員に連絡を取ります。

列車が通過する際は、黄色や赤の旗を使って運転手に作業員の退避が完了したことを知らせる重要な役割を担います。

作業員の安全確保と列車のスムーズな通過を保証するため、常に高い集中力が求められます。

6-2. 安全確保のための重要なポイント

列車見張り員の仕事において最も重要なのは、安全確保です。

これには、列車のダイヤを正確に把握し、作業員に適切な指示を出すことが含まれます。

特に、夜間のシフトでは、予期せぬ貨物列車の通過があるため、ダイヤの変更に常に注意を払う必要があります。

また、旗の合図は、列車運転手との重要なコミュニケーション手段です。

黄色の旗は「進め」を、赤は「止まれ」を意味し、誤った合図を送ることは大きな事故につながる可能性があるため、絶対に間違えてはなりません。

さらに、作業員の安全確保のためにも、常に周囲の状況を把握し、迅速かつ正確な判断を下すことが求められます。

このように、列車見張り員の仕事は、高い責任感と注意力を要するものであり、安全第一の姿勢が不可欠です。

スポンサーリンク

仕事の難易度と身体的な負担

7-1. 身体的な負担:立ち仕事の現実

列車見張り員の仕事は、長時間の立ち仕事が主であり、これが大きな身体的負担となります。

特に夜間のシフトでは、終電から始発までの時間帯に勤務することが多く、この間ずっと立ち続ける必要があります。

また、作業中は線路の近くで警戒を続けるため、動き回ることは少なく、同じ姿勢を長時間維持することが求められます。

このような勤務環境は、足や腰への負担が大きく、体力的にもかなりの負担となります。

特に、体力的に不安がある方や、長時間立ち続けることに慣れていない方にとっては、身体的な負担が大きな課題となる可能性があります。

7-2. 精神的な負担:緊張感と集中力の必要性

列車見張り員の仕事は、高い緊張感と集中力を維持する必要があり、これが精神的な負担となります。

作業中は、列車のダイヤを正確に把握し、作業員や運転手に対して適切な指示を出す必要があります。

特に、夜間のシフトでは、予期せぬ貨物列車の通過があるため、常に警戒を怠ることができません。

また、勤務中はトイレに行くことが制限されることが多く、これが精神的なストレスになることもあります。

さらに、安全確保のための責任が重く、うっかりしたミスが大きな事故につながる可能性があるため、常に高い注意力を保つ必要があります。

このように、列車見張り員の仕事は、身体的な負担だけでなく、精神的な負担も大きい職業と言えます。

スポンサーリンク

まとめと応募への呼びかけ

8-1. 列車見張り員の仕事の全体像

列車見張り員の仕事は、一見単純な立ち仕事のように見えますが、実際には多くの責任と緊張感を伴います。

主に夜間のシフトが多く、終電から始発までの時間帯に勤務することが一般的です。

この時間帯は、線路の閉鎖が可能であり、客車や貨物車の通過がないため、作業は比較的安全に行われます。

しかし、作業中は常に高い集中力を保ち、列車のダイヤを正確に把握し、適切な指示を出す必要があります。

この仕事の魅力は、夜間手当や危険手当を含めた比較的高い報酬と、人間関係のストレスが少ないことです。

また、資格を取得することで、鉄道関連の他の職種へのキャリアパスも開かれます。

8-2. 興味を持った方へのアクションプラン

列車見張り員に興味を持った方は、まずは資格取得のための講習に参加することから始めましょう。

資格取得には、視力や聴覚などの基本的な健康条件が求められますが、合格率は高く、多くの人が資格を取得しています。

資格取得後は、列車見張り員としての仕事の他、重機誘導員や旅客誘導員など、さまざまな鉄道関連の業務に就くことが可能です。

この仕事に興味がある方は、警備会社や鉄道関連の求人に応募し、実際の勤務を体験してみることをお勧めします。

実務経験を通じて、この仕事のリアルな魅力や課題を理解することができるでしょう。

また、資格取得に向けた準備や講習への参加も、キャリアアップに向けた重要な一歩です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち
スポンサーリンク
k-noteをフォローする
K note

コメント

タイトルとURLをコピーしました